L.v.B.室内管弦楽団 第48回演奏会

  • ウィーンの「ベートーヴェン小道」(団員撮影)




チェコとベートヴェン?

今回のプログラムは中欧の楽都プラハを有するチェコが隠れたテーマプラハの聴衆のためにモーツァルトが書きあげたのが「ドン・ジョヴァンニ」、チェコと言えばスメタナやスークと並び人気のドヴォルザークによる「チェコ組曲」。ベートーヴェンの「運命」が献呈されたのはボヘミア貴族ロプコヴィッツ侯爵、プラハにあるロプコヴィッツ宮殿は博物館として観光名所でベートーヴェンの直筆譜も展示されている。情報提供=イベントバンク


[公式ホームページなど、L.v.B.室内管弦楽団 第48回演奏会の詳しいイベント情報を見る]

引用元:ウォーカープラス

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。