練馬のかわいい輸入子供服・おもちゃのお店「Mimistyle」

西松屋練馬中村店より徒歩1分、練馬駅より徒歩13分のところに、新しく子供服のお店がオープンしました。
その名も『Mimistyle』。南蔵院通り沿いにあります。

オープンから3か月とまだ日の浅いお店ですが、元々はオンラインショップだったため、すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
日本未入荷の輸入子供服を取り扱っています。練馬区って西松屋やユニクロのようなチェーン店以外の子供服のお店が少ないから、子育て世代には嬉しい!
オンラインショップの方は、都内に限らず全国から注文が入る人気ぶり。手軽に注文できるオンラインもいいですが、実際に目で見て、触って商品を確かめることが出来るのは実店舗の醍醐味ですよね。




店内は可愛いらしいシンプルでモダンなデザインの商品が並びます。お洋服は0歳から5歳向けのものをメインに8歳くらいまでのお子さま向けを用意しています。
ここに並ぶのは最近のトレンドやブームにのったものでなく、店長の磯俣さんが可愛い!と感じたこだわりのラインナップです。Mimistyleで重視しているのはデザインだけではありません。素材やメーカーの理念にもこだわっています。素材はオーガニックコットン、リネンなどの肌触りのいいものばかりです。ポリエステル製のものはリサイクルのものを選ぶなど、環境に配慮したメーカーから輸入しています。大量生産するメーカーは在庫を抱えすぎてしまった際、廃棄をすることがあるそうです。そのため、Mimistyleに並ぶほとんどの商品が在庫限りのものです。今後はシーズンものを通年で置いたり、リユース品の取り扱いをしたり、廃棄を出さないような取り組みをしていく予定です。

「子ども服はすぐにサイズアウトしてしまうけれど、触り心地のいい、品質のいいものを着せてあげたい」
大量生産されるお洋服も可愛いものはあるけど、すぐにヨレヨレになってしまった経験から、磯俣さんはそのように考えるようになりました。
ボタンが付いていなかったり、伸びのいい生地でできている服が多いので、お子さんが自分で脱ぎ着もできるのも魅力の一つです。丈夫な服なので長く着られるし、落ち着いたデザインのものが多いので、時代にとらわれず下のお子さんへおさがりとして引き継いで着ていけます。

どのお店やメーカーをみても女の子用のお洋服の方が取り扱いが多く、男の子ママから男の子用の服も増やしてほしいという要望はよく聞きます。かく言う筆者も息子を持つ身。クローゼットは乗り物柄や恐竜柄の服で溢れています。(本人が気に入ってくれてるからいいんだけど)保育園や街中で、うっかりお揃いになっちゃうことも、男の子服あるあるだと思ってます。そんな男の子ママに朗報!Mimistyleではジェンダーレスなデザインのお洋服も取り扱い予定です。オリジナリティあふれるオリーブ柄やいちじく柄などの性別を問わないデザインを入荷予定です。楽しみですね!

お店に来たら是非触ってみてほしいのはこの写真のピンクのレギンス。実は竹でできたお洋服なんです。竹からこんな柔らかく肌触りのいい生地ができるなんて、驚きました。



おもちゃは幼児向けがメインで、ほとんどが木製のものです。積み木のようなものだと赤ちゃんの頃から楽しむことができるし、大きくなって遊ばなくなってもお部屋のインテリアとして飾るのもオススメです。
ご自宅用よりも出産祝いなどのプレゼントで買われる方が多いそうです。

店長の磯俣さんも2児のママ。8歳の息子さんと5歳の娘さんがいます。
2人目のお子さんの産休明けにパニック障害になってしまい、電車に乗ることが出来なくなってしまいました。育休を延長して治療を進めるも、簡単に治るものでもなく務めていた会社を退社することを決意。働かないという選択肢もある中、色々と考える時間もできて自分を見つめなおすきっかけになったといいます。
もともと、子供服を海外から輸入するのが好きだったので、それを仕事にしたいと考えるようになりました。最初はお店を開きたいという気持ちやそのためにすべきことが漠然としていましたが、事業を進めていくうちに厳しさや難しさを痛感し、より真剣に向き合えるようになり、今に至ります。

「オンラインショップのみを経営している時は、自宅でパソコンに向かうだけの仕事だったため、子どもからは働いているように見えなかったかもしれない」と話す磯俣さん。
お店に立つようになってからは、娘も真似をして店員さんのようにふるまったり、息子はいくら売れたの?と仕事に興味を持ってくれるようになりました。
子育てと両立のためお店の営業時間は10時~15時までと少し短め。朝の登校・登園前の時間や、学校や保育園がお休みの日は家族で一緒に過ごすようにしています。

お店作りで気を付けていることは、子どもも一緒に来やすいような雰囲気づくり。キッズスペースを用意して、お買い物の間遊んで待っていてもらえるようにしたり、店内に優しいオルゴールのBGMを流したりしています。店内でお子さんが泣いちゃっても、全然大丈夫!磯俣さんも子育て経験者だからこそ、お店に来てくれる親子に寄り添いたいと話します。

そろばん教室、はじめます

2022年の1月頃からそろばん教室を開講予定です。
週に2日、お店の営業時間を短縮して、お店のスペースを使って開講予定。スパルタでやるような厳しい教室ではなく、入門レベルで楽しく続けてもらえるようなスタイルにしたいと考えています。磯俣さん本人も幼少期にそろばん教室に通っていた経験があり、教室を辞めた後ももっと続けたいという気持ちがずっとあったとのこと。
インタビューさせていただいて、磯俣さんの優しく柔らかい雰囲気はお子さんが安心して楽しくそろばんが出来そうだなと感じました。お近くにお住まいの方は是非どうぞ!

Mimistyleよりメッセージ


店名の「Mimistyle」、mimiはフランス語で「可愛い」の最上級という意味で、英語のスタイルと合わせた造語です。当店のお洋服や雑貨を通して可愛いを共有できればうれしいです。
品質のいいものばかりなので、是非手に取って肌ざわりも確かめてください。
キッズスペースもあるので、お子さまと一緒に楽しんでもらえるよう、お店でお待ちしております。
お子さんがいらっしゃらない方でも、ご出産のお祝いやお孫さんへのプレゼントなど、是非お店に遊びに来てください!

施設情報
施設名:mimistyle
営業時間:10:00~15:00
定休日:水・土(お休みの日はHP、Instagramにて告知)
住所:東京都練馬区中村1-14-1
アクセス:京王バス「南蔵院」停留所より徒歩1分、西武池袋線・都営大江戸線の練馬駅より徒歩13分
Instagram:https://www.instagram.com/mimistyle0128/

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。