練馬区で御朱印巡り~本立寺@武蔵関~

西武新宿線の武蔵関駅より徒歩3分ほどのところに本立寺はあります。
本立寺は山号を法耀山(ほうようざん)という日蓮宗のお寺です。旭日日蓮大菩薩と称され、出世開運のお祖師様として多くの人々の崇敬をあつめています。

お寺といえば山門前のこの張り紙。今月の聖語は「永劫の善苗を種えよ」
大きな財産を遺すことはかえって子孫を怠惰にさせてしまうが、子孫の成長や繁栄のためには糧となる親の教えは必要だ、という意味だそうです。



毎年12月9日にはお会式が行われ、翌日10日にかけて門前に暮の市が立ちます。この市は昔は農具や呉服、古着などを売る店が多く「関のぼろ市」と呼ばれて親しまれてきました。
近年ではボロと呼ばれるようなものの販売は縮小しており、たくさんの飲食店の露店が立ち並び、多くの人で賑わいます。
新型コロナウイルス感染予防のため、中止が続いており、また以前のように賑やかな露店を見て回りたいという声が多く上がっています。2022年は開催されるのでしょうか。

境内は紅葉が見頃を迎えていました。


階段を上ると左手に、関村名主を務めた井口氏塁代のお墓があります。


本堂へ続く階段は幅もあり、多くの方が参拝に来ることが出来るようになっています。


本堂をお参りをして、左の側道を進むと墓地につながっています。
階段を下りた先には梵鐘もあります。本堂からは見下ろす形で梵鐘を見ることが出来ます。

御朱印

書置きのものをいただきました。

お寺で猫探し

猫は見当たりませんでした。

googlemap

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。