【江古田】日本一美味しい(個人的)焼き鳥かわ!お持ち帰りと立ち飲み専門店「やきとり鳥笑」

江古田に住んでいる友人から「美味しい焼き鳥屋がある。焼き鳥のかわが名物なんだけど、皮が苦手な人でも食べれるよ!」と教えてもらったのが、今回訪れた「やきとり鳥笑

この「〇〇銀座」というのが趣を感じます。

江古田駅南口を出て、江古田銀座の商店街をズンズン進み「このまま進んだら、もう道路抜けちゃうんじゃない?!」と思ったその矢先、「やきとり鳥笑」を発見!

前日が雨だったせいか、お店の前にはビニールシートで覆われており、遠目からでは少しわかりにくいこともありましたが、ちゃんと店の上には「鳥笑」の看板と、外の「立ち飲み」の看板が確認できます。




上の看板にもしっかりと「立ち飲み・持ち帰り」の文字。

遠目からはこの看板が目印

恐る恐るビニールシートをめくると、すでに立ち飲みされているお客さんが!そして、威勢の良い店員さんたちが元気よく出迎えてくださいました。店の外の印象よりも、奥の厨房が広々していていて、「ああ、ここでしっかりと調理されているんだなぁ」と感じます。

「持ち帰りしたいんですけど・・・」と伝えると、「ここから選んでください」と言われ、ショウケースを見ると、ごろっと並んだ焼き鳥たちがいるではありませんか!

この日のラインナップは「もも・レバー・上若・ひね・ふりそで・かわ・ローストチキン・つくね・ぼんじり・ねぎま・手羽先・やげんなんこつ・すなずり」の13種類。がしかし、やげんなんこつはちょっと前に売り切れてしまったとのことでした。

また、立ち飲みメニューはこの焼き鳥以外にも一品メニューもたくさんあるそうで、ドリンクメニューも豊富なようです。せっかくだから、立ち飲みしたいところですが、今回は我慢して焼き鳥を選んでいると、立ち飲みされている方が、「それ美味しいですよ!」とか「これもおすすめ!」とか教えてくださいます一人で立ち飲みしに来ても、あっという間に輪が広がって、店員さん含めいろんな方と仲良くなれそうな雰囲気が満載で、「次は絶対に立ち飲み!」と心に決めつつ、焼き鳥をチョイス。

できたても・冷めても美味しい焼き鳥

名物の「焼き鳥かわ」を筆頭に、人気のある商品をチョイスしました。包装も丁寧にしてくださってあるのが嬉しいです。「焼き鳥かわ」の次に人気で、お酒のあてにぴったりだという「ひね」も選んだつもりだったのですが、どうやら言い忘れていました。なので、全6本の購入です。

「鳥笑」の袋は液がたれる心配もありません。

こちらの6本をチョイス!

「鳥笑」の焼き鳥に使われている食材は、大山・北海道・愛知・兵庫産など、時期によって変えているそう。お客様に一番美味しい状態のものを提供したいという思いが伝わってきます!

名物!焼き鳥かわ

鳥笑名物!焼き鳥かわ80円(税込)

まずは「日本一美味しい焼き鳥かわ」「できたても・冷めても・24時間たって美味しい焼き鳥かわ」を謳う、「鳥笑」名物の「焼き鳥かわ」をいただきます。

最初にも書いたように、焼き鳥の皮が苦手な私。ドキドキしながら一口・・・

美味しい!これなら食べられる!!

これが正直な感想です。焼き鳥の皮ってぶよぶよしていて、ちょっとヌメっとした食感と、噛んでも噛み砕けず飲み込みづらくて苦手なんです。

ところが「鳥笑」の焼き鳥かわは、柔らかくてふわっとした食感で、ヌメっと感が感じられないんです。また、「鳥笑」の焼き鳥は全て、50年継ぎ足しされた秘伝のタレなのですが、このタレが、思った以上にあっさりしていて、本当に食べやすいタレなんです!!

これは、焼き鳥の皮が苦手な人にも勧めたくなる美味しさ。「日本一美味しい焼き鳥かわ」は過言ではありません

上若

上若 100円(税込)

鶏むね肉でかわを挟んである焼き鳥「上若」は、しっかりしたお肉の歯応えがあるので、満足感も味わえる上に、鶏むね肉とは思えないほどジューシー。大人だけじゃなくお子様にも好まれそうな1本です。

つくね

つくね 100円(税込)

こんがりと焼きあげられたつくねは、昔懐かしい味わいです。最近は、ふわふわ食感のつくねなど、変わり種のつくねが増えている中、こうしたしっかり食感で旨味の凝縮されたつくねが味わえるのは嬉しい!

また、あっさりとした秘伝のタレがこのつくねに食感によく合います。

ねぎま

ねぎま 100円(税込)

「鳥笑」のねぎまは、他の焼き鳥屋さんのねぎまとは少し違います。なんと、鶏もも肉とネギの間に、「自慢のかわ」が挟まれているんです!いや、むしろ、かわの比率が高い!!「もも肉・かわ・ねぎ・かわ・ねぎ・かわ」という組み合わせで、どこまでもかわ推しなんです。

ネギも大きくてくたくたで美味!

普段なら、焼き鳥の皮が苦手な私は根を上げてしまうところですが、「鳥笑」のかわは美味しく食べれちゃうから、本当に不思議です。

ふりそで

ふりそで 120円(税込)

ふりそで」とは「鶏の手羽元と胸の中間にあたる部位」にあたり「鶏の肩肉」のことだそうです。お店の方にも「美味しいですよ」と言っていただいたので購入!

ただし、こちらも肩肉が使用されているのが先端と最後のみ。間には自慢のかわがびっしりと挟まれています!

これが鶏の肩肉

間はやはり自慢のかわ!

このふりそでは、どちらかというと鶏むね肉よりも硬い感じなので、間にかわが挟まれることで、あっさりしすぎることなくジューシーに食べれる感じです。個人的にはコレ好みでした!

店長おすすめ!手羽先

手羽先 120円(税込)

手羽先は、店長おすすめの一本とのこと。大振りなのに一本120円(税込)という安さには驚きです。骨周りについたお肉がホロホロで、あっという間に口の中でトロけます。店長おすすめなのもうなずけます。

まとめ

「鳥笑」の焼き鳥かわは、皮が苦手な人でも思わず「美味しい」と声を上げてしまう一品です。皮が苦手な人はもちろん、皮好きな人にも是非食べて欲しい「鳥笑」の焼き鳥かわは、通販もしているようなので、遠方の方はお取り寄せも可能です。秘伝のタレもとっても美味しくて、こちらも1個15ccが50円で販売されているので、合わせて購入して、自宅で焼き鳥丼などのアレンジをしてみるのもいいかもしれません。

「日本一美味しい焼き鳥かわ」本当に美味しかったです!

ごちそうさまでした!

店舗情報
店舗名:やきとり鳥笑
営業時間:8:00~23:00(コロナ感染症の影響により変動あり)
定休日:無し
住所:東京都練馬区旭丘1-75-1
アクセス:西武池袋線江古田駅より徒歩1分・大江戸線新江古田駅より徒歩7分

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。