「核実験」中止を求める要請書を提出しました

サイトメニューここまで

本文ここから

 我が国は、広島、長崎への原爆投下による被爆を経験した唯一の国であることから、多年にわたり、全世界に核兵器の廃絶を求め、また国際社会も核軍縮や核実験全面禁止への努力を積み重ねてきました。
 練馬区は、昭和58年(1983年)10月3日に、全ての核兵器の廃絶と世界の恒久平和を願って、「非核都市練馬区宣言」を決議いたしました。これまで、貴国のみならずフランスや中国、さらにインド、パキスタン、英国が行った核実験に抗議し、即時中止を求める要請も行ってきました。また、北朝鮮が行った核実験についても、厳重に抗議するとともに、核実験を今後行わないよう強く求める決議をいたしました。
 しかし、これらの抗議や要請にもかかわらず、貴国は、昨年6月と9月に臨界前核実験を実施したことを公表しました。貴国が、平成9年(1997年)7月以降、核実験を繰り返し強行していることは、誠に遺憾であります。
 よって、本区は、貴国が今後一切の核実験を中止し、核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現に先導的役割を果たされるよう強く要請いたします。

 

    令和4年(2022年)4月15日

 

                                        練 馬 区 長    前 川 燿 男
                                        練馬区議会議長    かしわざき 強

 

  アメリカ合衆国
    ジョー・バイデン大統領 閣下

お問い合わせ

区議会事務局

 組織詳細へ

電話:03-5984-4732(直通)

 ファクス:03-3993-2424

この担当課にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから

提出した意見書等

情報が見つからないときは




フッターここまで

引用元:練馬区公式ホームページ

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。