チョコレート工場のはじまりアイキャッチ

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』がついに公開【プリンス・オブ・ハリウッド】ティモシー・シャラメの魅力

『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカの若き日の前日譚を描いた『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』が2023年12月8日(金)に公開される。
これまで何度か映画化されてきた同作だが、いつだって注目されるのはウィリー・ウォンカ役。1971年『夢のチョコレート工場』ではジーン・ワイルダー。前作『チャーリーとチョコレート工場』ではジョニー・デップがウィリー・ウォンカを演じた。

今回、3人目のウォンカを演じるのは世界を熱狂させているティモシー・シャラメだ。
抜群の容姿を持ち話題作に続々と出演するティモシー・シャラメがどんなウォンカを演じるのか、その演技にも注目が集まっている。
プロデューサーには『ハリー・ポッター』のデイビッド・ヘイマン。監督・脚本は『パディントン』シリーズを手掛けたポール・キングが務める。
ウォンカ1

『チャーリーとチョコレート工場』 (原題:Charlie and the Chocolate Factory)とは?

イギリスの大人気児童文学作家ロアルド・ダール(1916 – 1990)が原作の物語である。

ロアルドダール




©Wikipedia

そびえ立つ巨大なチョコレート工場がある大きな町の片隅で、貧しい暮らしをおくる少年チャーリーとその一家。
ある日、チョコレート工場を経営するウィリー・ウォンカが、チョコレートの中にゴールデンチケットを5枚封入して出荷する。そしてそのチケットを引き当てた子供を工場見学に招待すると発表したのだ。
ゴールデンチケットを引き当てた5人の子どもたちに明かされるチョコレート工場の秘密。そこはウォンカが作り上げた不思議な工場だった。今もなお世界中で愛されているファンタジー作品。
(実は私もロアルド・ダール作品のファンである。彼の生み出す奇想天外な物語と世界観にいつも驚かされる。)

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』のあらすじ

「チャーリーとチョコレート工場」の前日譚となるウォンカの若き日を描く『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』。
チョコレート工場が誕生する前の時代が舞台となっており、ウィリー・ウォンカの知られざる過去が明かされる。

ウォンカ2

物語の舞台は中世ヨーロッパ。いつか母と一緒に美味しいチョコレートの店をつくりたいと幼いころから夢見るウォンカ。
ウォンカは夢を叶えるために一流のチョコレート職人が集まるチョコレートの町へと向かうことに。しかしそこは夢見ることが禁じられた町。
パープルのジャケットに大きなハットがトレードマーク。「僕は魔術師であり――発明家であり、チョコレート職人だ!」と、“人を幸せにする魔法のチョコ”で人々を笑顔にしていく。
魔法のチョコレートを生み出すウォンカの才能を妬んだ“チョコレートカルテル3人組”に目をつけられ…

邪魔されながらもウォンカが大切な仲間と共に“チョコレート工場”を作るまでの軌跡が明かされる。
また歌やダンスも披露され、一部ミュージカルの作りにもなっている。
ウォンカ3

プリンス・オブ・ハリウッド!ティモシー・シャラメの魅力

ティモシー・シャラメ

©GettyImages

プリンス・オブ・ハリウッドとも称されるシャラメ(27)は、ニューヨーク・マンハッタン出身のフランス系アメリカ人俳優だ。
美しい容姿に加えてどんな役でもこなす演技力、独自のファッションスタイルと飾らない性格、抜群の存在感で世界中を魅了している。史上3番目の若さでアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
世界的大ヒット作『DUNE デューン 砂の惑星』の続編公開も控えており今、ハリウッドで最も注目される俳優であることに間違いない。

あの名優アル・パチーノも「彼は素晴らしい俳優でルックスも最高」と絶賛している。自身の出演作「ヒート」(95)の続編で主人公ヴィンセントの若い頃を演じるのはシャラメがいいと公の場で指名までしているという。

また、アメリカで最も権威ある「タイム」誌の表紙を25歳で飾り、106年の歴史を持つ英「VOGUE」誌では初の男性ソロ表紙に抜擢された。

シャラメの人気は俳優としてだけではなく、その美しいルックスとスタイルで時代を象徴するファッションアイコンとしても注目を浴びている。
映画祭やレッドカーペットでは、シャラメにしかできないであろう個性的でセクシーなファッションを完璧に着こなし会場の視線を独り占めにすることも。

ティモシー・シャラメ2

ティモシー・シャラメのInstagramより

またシャラメはスタイリストをつけずに自分でファッションを決めていることでも有名。
私服センスも抜群で今年はシャネルのフレグランス「ブルー ドゥ シャネル」の公式アンバサダーに就任した。
ティモシー・シャラメ3

©Photo Mario Sorrenti Courtesy of Chanel

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』のみどころ

編集部注目のポイントはティモシー・シャラメの歌やダンス。若かりし日のウォンカを演じるシャラメに刮目したいと思う。
シャラメが一体どんなウォンカを演じるのか、世界中の注目が集まる。ファンタジーの世界にどっぷり浸れる「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は12月8日から全国公開。

映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」公式サイト
公開日:2023年12月8日(金)公開
製作:デイビッド・ヘイマン
監督・脚本:ポール・キング
原題:WONKA

©2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。