【三連単順位予想】M-1グランプリ2023!三連単順位を編集部がガチ予想してみた

M-1グランプリ2023がいよいよ開幕

今年も残すところあとわずかとなり、M-1グランプリの季節がやってきた。今年は過去最多の8540組がエントリーしたという。その中から勝ち上がったファイナリスト9組がどんなバトルを繰り広げるのか楽しみだ。

注目の審査員も発表されいよいよ決戦の準備は整った。
決勝戦は12月24日(日)、18時30分~クリスマスイヴに生放送される。

M-1グランプリ2023三連単順位予想

M-1グランプリ公式サイトでは3連単順位予想キャンペーンが開始された。
(12月14日(木)より12月24日(日)決勝戦2組目のネタ終了まで)

またお笑いナタリーではお笑い好きとして知られる著名人5名が「M-1グランプリ2023」で優勝、2位、3位となるコンビの三連単予想をしている。

そんなわけでネリマンタイムス編集部も「M-1グランプリ2023」の三連単順位をガチ予想してみたいと思う。

※ファイナリスト9組のネタを視聴済み。
(三連単に組み込ませたコンビは数本視聴)

編集部の三連単予想

ずばり編集部の3連単予想はこちら!!

さや香マユリカヤ―レンズ

◎1位予想―さや香

さや香

©スポーツ報知

穴狙いなしの大本命!!完成度の高い王道といえる漫才に昨年2位という実績も見逃せない。すっと伝わりやすい安定感のあるしゃべりとテンションで今年も会場を笑いの渦に巻き込むであろう。ビジュアルとここぞという爆発力も兼ね備えているので、文句なしの1位に押す。順番さえクリアすれば今年こそさや香が王者に輝くことに間違いはない。

〇2位予想―マユリカ

マユリカ




©マユリカのプンカプンカ!【マユリカ公式チャンネル】

穴狙いです。3歳から幼馴染みだというふたりのネタはとにかく自然。抜群の安定さを武器にパワーも感じる勢いのあるコンビ。聞き取りやすい声で翻弄される中谷がうまくハマれば1位通過もありえる爆発力を持つ。一方で芸人仲間からは「才能だけのコンビ」といわれるほどなまけ癖があるというので、この大会でマユリカの真価が問われるであろう。

▲3位予想―ヤ―レンズ

ヤ―レンズ

© 2008-2023 K Dash Group All Rights Reserved

ここも大穴狙いで。初の決勝進出というがコンビ結成から13年の実力派コンビ。キャラづくりや言葉のチョイスが絶妙でさすがにうまい。細かい動作や声のトーンで笑いに導ける安定感が強み。ボケの数も多いのだがネタによっては爆発力に少し欠けるのがもったいない。当日は会場の温まり次第では優勝を狙えるポテンシャルも十分に秘めている。

おまけの4位予想―△真空ジェシカ

個人的にはかなり好きなコンビ。3年連続ファイナリスト進出への実力があり誰もが認める面白さとインテリジェンスを感じるネタが持ち味。しかし不安要素としては抑揚がなく一定のテンションでネタが繰り広げられるため王者に輝くための爆発力には少し劣る。審査員にどう映るのかもカギ。決勝ネタが見てみたいのだが4位ぐらいが妥当か。

敗者復活―ロングコートダディ

まったくいいことのない日本社会だからこそ彼らのようなシンプルで明るい芸風に救われる。今年はファイナリストに残れず辛酸をなめたが必ずや敗者復活で会場に現れると信じている。

まとめ

いかがだろうか。さや香が頭一つ抜きん出てると思うのだが、2位3位の予想は編集部の好みがもろ出てしまったか。
クリスマスイヴは奇蹟が起こると昔から言われている。はたして新王者に輝くのは一体どのコンビなのか、一晩で人生が変わる瞬間を今年も刮目したいと思う。
「M-1グランプリ2023」は12月24日(日)、18時30分~生放送。

さや香(さやか)
2014年結成。吉本興業大阪本社に所属する日本のお笑いコンビ。(NSC大阪34期生)
第49回NHK上方漫才コンテスト優勝、歌ネタ王決定戦2020王者、M-1グランプリ2017・2022・2023ファイナリスト。
(Wikipediaより出典)
マユリカ
2011年結成。吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ。(NSC大阪33期生)
ふたりは3歳からの幼なじみ。ヨシモト∞ホールに出演中。2023年のM-1グランプリで3年連続4回目の準決勝で、遂に決勝進出を決めた。
(Wikipediaより出典)
ヤーレンズ
2011年結成。ケイダッシュステージに所属する日本のお笑いコンビ。
NSC28期生(楢原)と29期生(出井)の先輩後輩の関係だったがだが結成まではお互いの存在も知らなかった。2014年8月29日より、吉本からケイダッシュステージ所属となる。
(Wikipediaより出典)

こちらもどうぞ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。