令和ロマンアイキャッチ

『M-1グランプリ2023』令和ロマンの面白さが爆発!お笑い界で天下も獲れるポテンシャル

令和ロマンがM-1グランプリ新王者へ

M-1グランプリ2023は令和ロマンが王者の称号を手にして幕を閉じた。
圧倒的不利とされるトップバターから会場を沸かせ、視聴者を魅了したふたりはまさに新王者の称号に相応しい。

ネリマンタイムスでも三連単予想をたてていたのだが、穴狙いが過ぎたと猛省。令和ロマンだけは外してはいけなかった。(ヤ―レンズが2位、さや香が3位、マユリカが4位に位置付けたのでまずまずの予想はできたとは思うのだが)

高比良くるまの圧倒的なポテンシャル

今回のM-1グランプリは「令和ロマンのためのM-1グランプリ」だったと言っても過言ではなく、特に高比良くるまのカリスマ性は目を見張るほどだった。

高比良くるま

©お笑いナタリー写真ギャラリー

令和ロマンの高比良くるまは練馬区出身だという。ネリマンタイムス編集部としても練馬の人間がスターになるのは嬉しい限りだ。

トップバッターをくじでひかれても、動揺することなくすっとその場を立ち舞台へと向かっていく彼らの姿と表情は忘れられない。トップバッターであることを忘れさせるほどの爆笑を生み出した彼らの圧倒的な笑いのセンスとテクニックは筆舌に尽くしがたいものがある。一瞬で会場を味方につけられるポテンシャル、そして肝も座っているのであろう。

圧巻だった決勝戦ネタ

決勝戦は特に令和ロマンが圧勝だったのではないかと私には感じた。「三密回避のステイホーム」からのつかみも完璧であった。
また池井戸潤的な中小企業の世界観をうまく表現し笑いにかえていくネタは圧巻で、涙が出るほど笑わせてもらった。審査員7人全員が令和ロマンに投票するのではないかと思ったぐらいだ。個人的にはヤ―レンズは1本目より爆発力に劣っていたと感じたし、さや香は個性が強すぎた。(さや香については後述したい)

令和ロマンは4本のネタを用意していたそうだ。自分たちの順番や前の組が披露したネタによっては変えるつもだったという。その戦略的な頭脳には唸るしかない。先輩芸人たちも驚愕しているという。

名門校出身のコンビ

令和ロマンは慶應義塾大学のお笑いサークル「お笑い道場O-keis」の先輩後輩でコンビ結成したという。今年は夏の甲子園に続き、お笑いまで慶應コンビが制した。

慶應大学ばかりが注目されているが、高比良くるまが出身だという私立本郷中学・高等学校は文武両道をかかげる名門校である。ラグビーの強豪校でもあり、高比良くるまもラグビー部に所属していたという。

また相方、松井ケムリの出身中高は桐朋中学・高等学校という秀才だ。
本郷と桐朋。実はこの2校には共通点がある。中学受験業界では2月2日の受験校として御三家にチャレンジする男子受験層が2日目に受ける名門校として人気なのだ。(もちろん第一志望者も大勢いる)
高比良くるまも松井ケムリも仲間と切磋琢磨し合える恵まれた環境で中高6年を過ごしてきたのであろう。

また松井ケムリの父親は大和証券の副社長という。

令和ロマンの今後に期待

令和ロマンのふたりはM-1グランプリ優勝後最速で「サントリー生ビール」の新WEBCM への出演が決定した。「サントリー生ビール」が応援する「頑張って生きている人」を体現していることが今回の起用理由だという。

ふたりの快進撃はまだまだ始まったばかり。
令和ロマンはお笑い界で天下を獲るのではないかと思えるほど計り知れないポテンシャルを秘めている。日本社会に一石を投じ抗う姿勢さえ感じたのは私だけであろうか。

令和ロマンのふたりからしばらくは目が離せない。

令和ロマン2




©デイリースポーツ

さや香の見せ算は本当に面白くなかったのか

さや香

©M-1グランプリ事務局

物議を醸したさや香の「見せ算」。四則演算に加えて令和の時代に新しく登場した5つ目の演算「見せ算」を解説という斬新なネタだ。
こちらは非常にわかりづらく万人受けしないネタであるのだが、新山は「あれ(「見せ算」ネタ)を2本目でやるって決めて、そこにたどり着くまでの予選を勝ち抜けるやつを」と一年間準備してきたという。新山の冒険心とチャレンジ精神は称賛に値するであろう。

新山は国立大学(大阪教育大学)を卒業しており隠れインテリ芸人である。
「一般の人と最先端がどんどん乖離していってる時代」だとか「数学ってやっぱり人間の思考の根幹」などという導入の言葉にはハッとさせるものがあった。

さや香

© Sirabee All rights reserved.

「見せ算」の解法として同じ服装の人が前から歩いて来た時の状況がはずいから、お互い立ち去りゼロになるという発想もワケがわからなくて面白い。

しかし、ネタをずっと見てきた審査員や視聴者にとっては頭が追いつかずに、置いてけぼり感が否めず笑いとして爆発できなかった。このネタで優勝はないと誰もが感じたと思うのだが、新山の醸し出す華やかさと人を惹きつける魅力に私は強く惹きこまれた。

まるで塾講師や大学教授のように説いていく姿は清々しくもありあっという間に4分が過ぎていた。途中、スーツの上着を脱ぎだすのも笑える演出。
審査員、視聴者から総すかんをくらった「見せ算」だったが、M-1から数日が経った今、ネットを中心にさや香の「見せ算」がじわりと人気が出ているという。
東大生が本気で見せ算を解説したり、「一桁の見せ算」の練習問題にチャレンジできるサイトもできたという。

さや香の「見せ算」は高度ではあったが、本当は面白かったのではないかと思わせる深い余韻を我々視聴者に残したのではないだろうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。