【武蔵大学】学生が大学の魅力を発信するWebマガジン コロナ禍でも伝え続ける「きじキジ」

武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、2013年より高校生や在学生を対象としたMusashi Web Magazine「きじキジ」を公開しています。このサイトは、武蔵大生によって構成された編集部が企画・編集をし、大学生活やキャンパスのある江古田にまつわるさまざまな情報を、形式にとらわれない自由なスタイルで発信。


学生ならではの視点や、ユニークな発想と行動力でコンテンツが作られているのが特長です。

Musashi Web Magazine「きじキジ」とは
Musashi Web Magazine「きじキジ」の編集部員は現在、1〜3年生8名の構成。大学広報活動の一環という側面もあり、スキルアップのため教職員が定期的にワークショップを開催するなど活動をバックアップしています。「きじ」(雉)は、武蔵大学のロゴのモチーフで、本学のルーツである旧制武蔵高等学校時代からのシンボル。「きじキジ」のネーミングは、学生が提案した「雉」と「記事」をかけたネーミングが採用されて生まれました。

Musashi Web Magazine「きじキジ」Pick up! 
Webマガジンのコンテンツは、「特集」「イベント」「勉強」「ライフ」「進路」「恋愛」「グルメ」「ブログ」「その他」の9つのカテゴリに分類されています。

—直近の投稿よりー
▼卒業生インタビュー『英語英米文化学科から就職した松本智之さん』
人気の卒業生インタビューシリーズの第18弾。留学経験やアルバイトなど、やりたいことを徹底的にやった大学時代から現在の社会人生活まで、卒業生が語っています。
▼勉強は、何歳から始めたっていい。練馬区武蔵大学特別履修生インタビュー
「特別履修生制度」を使って学ぶ履修生に、武蔵大学で今学ぶ理由を取材しています。
▼【動画あり】武蔵大学映画研究会(Filmes)がすごいぞ!
コロナ禍で中止や規模縮小が相次ぎ発表の場が減っている、そんな部活やサークル団体にスポットを当てて紹介する新企画。第1弾は映画研究会。

※ぜひ、こちらからご覧ください。
URL : https://webmag.musashi.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵大学 広報室
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-3813
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@sec.musashi.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。