【上石神井】 あの食通お笑い芸人が絶賛する〝肉あんかけチャーハン〟『中華 梁山泊』

「寺門ジモンの取材拒否の店」2018春で紹介

肉好きの食通芸能人として有名なダチョウ倶楽部の寺門ジモンさん。よくグルメ番組でもお見かけしますよね。そんなジモンさんが以前TV番組で「人生で一番美味しかった3,000円以下のメニュー」に選んだのが、これから紹介するこちらのお店の看板メニュー。

『中華 梁山泊』、一見普通の中華料理屋さんなのですが、こちらのお店の「○○チャーハン」がマニアの間では大人気!この味を求めてはるばる遠方から訪れるお客様も多いそうです。

ちなみにここのお店、とある女性芸能人の実家だという噂も、、、ご本人が公表しているか不明なので、これ以上は書きませんが、色々な意味で有名なお店でございます。

青梅街道沿いの有名店

さて、そんな有名店、場所はどこかと言いますと、交通量の多い青梅街道沿いにございます。

ココ!!



最寄りの駅は西武新宿線の上石神井駅武蔵関駅か、、、本当にちょうど中間くらいに位置するんですよね、、、いや、せっかくなので調べてみよう!

Googleマップによると、上石神井駅から950m武蔵関駅から1.1km、若干上石神井駅よりと判明!ちなみにお店のカードの裏にはこんな地図が載っています。


最寄り駅からも1km近く離れているので、少々行きづらい場所にございますが、8台停められる駐車場がありますのでご安心ください。ただ、人気店なので、時にはお店の前に人の行列だけでなく、車の列ができていることもございます。

夜のみの営業

行列のできる人気店、と言うことで並ぶのが苦手な私は比較的空いているであろう平日の開店時間を狙って訪問。夜のみの営業なので開店時間の17時にお店の前に到着。コロナの影響で営業時間が前倒しになったと聞いていたのですがどうやら元の時間に戻ったようで、開店は17時半に戻っておりました。

流石に開店30分前はお店の前には誰もおらず、私もふらふらと付近の散策、そして17時半少し前に再びお店の前に戻ると、やはり並んでいる!既に7人のお客様がお店の外で待ち、更に駐車場はこの時点でもう満車、車の中で開店を待つ人々もいる様です。
17時半ジャスト、お店の看板の明かりがつき、オープン

カウンターのみ16席

開店し、入口が開くと、待っていた人々が続々と中に入り、あっという間に満席に。店内は厨房を囲むコの字型のカウンター席16席のみのシンプルな造り。

入店すると皆さん奥の席から順に詰めて座っていくという暗黙のルールがございます。

お冷やはセルフサービス。
この機械から冷た〜〜いお水が出てきます。

席につき、メニューを見ずに即オーダー。こちらのお店で頼むものは決まっているのです!

お客さんの9割が注文!?

冒頭でお話しした寺門ジモンさん「人生で一番美味しかった3,000円以下のメニュー」に選んだのが、ここの看板メニュー『肉あんかけチャーハン』!

恐らくお客さんの9割が注文するのではないでしょうか。本日もカウンターに横並びで座った開店一巡目組、恐らく全員が肉あんかけチャーハンをオーダー。

注文を受けて厨房内は一気に大忙し。リズミカルに中華鍋を振ってチャーハンの大量生産開始!中華鍋の中でパラパラと躍る大量のご飯、それを手際よく一人前ずつのチャーハンにまとめていきます。

早い早い、プロの技!!

お次はあんかけ!細切りにした豚バラをサッと油通しした後、中華スープ醤油砂糖豚バラを加え、水溶き片栗粉であんかけに、、、そうして作られた熱々のあんかけを綺麗に盛り付けられたチャーハンの上にかけ、完成!
店内の注文だけでなくテイクアウトの注文も多い様で物凄いスピードで作られる大量のチャーハン。

カウンター席の目の前で繰り広げられる厨房内のパフォーマンスは一見の価値があり!ライブキッチンを見ながらの待ち時間、食欲も湧いてきます。

「肉あんかけチャーハン」890円

お待たせいたしました。こちらが噂の肉あんかけチャーハンです。
出来立てほやほや、湯気が立っているのが写真からも伝わりますでしょうか。

何度見ても圧倒されるこのビジュアル。大量のあんかけでご飯は全く見えません。
では、早速、熱々のうちにいただきます。

れんげで一口すくうと、中のチャーハンが見えてきました。

薄い色の綺麗なふわふわの卵チャーハン。いっただきまーす。

う〜〜〜久々の味、これ、これ!!相変わらずしょっぱい!(笑)

40年以上継ぎ足した秘伝のタレで作ったこの濃い目のあんかけの味、これがクセになるんです。
ちなみに下のチャーハンはものすごく薄味、自慢の肉あんかけの味を引き立たせるためにあえて薄味にしてるんだとか。

塩分強めのねっとりとしたあんかけがパラパラのチャーハンにまとわりつき、見事な一体感、このバランスが絶妙なんです。
そして一見多すぎると感じるこのあんかけも食べていくと不思議と丁度いい量なんですよね〜。

チャーハンのお供は餃子

チャーハンを食べ始めると、一緒に頼んだ餃子が運ばれてきました。

綺麗に焼き上がった6個の餃子

肉あんかけチャーハン+餃子の組み合わせで頼む方が多く、会計はみんな1320円(チャーハン890+餃子430円)だったのが面白かったです、王道の組み合わせですよね!

餃子に続いてチャーハンにセットでついてくるスープも提供され、こちらが本日の夕食3点セット♪♪♪

餃子は中身の餡が少々控えめな量で、一口サイズで食べやすい。
チャーハンのインパクトが強いので、それに比べて餃子はシンプルでさっぱりとした印象。

味の濃いチャーハンのお供にはぴったりです。

そしてスープもこれまたさっぱり、あっさりとした印象。

噂によるとこのスープはこちらのお店のラーメンのスープなんだとか。ラーメンのスープがこってりとしたあんかけチャーハンのお口直しによく合います。

大量にかかっていた肉あんかけも残り僅か、お皿に刻まれたお店の名前が見えてきました。


もうすぐ終わり、なんだか寂しくなってきます。やっぱりプラス100円で大盛りにするべきだったかな。

あっという間に完食。ごちそうでした!

レバニラ炒めもおすすめ

さて、これだけ肉あんかけチャーハンネタで引っ張ってきましたが、最後に他のおすすめメニューの紹介♪

もちろん、初めての方には是非この〝唯一無二の肉あんかけチャーハン〟を食べていただきたいのですが、他におすすめするのが、レバニラ炒め!

こちらのお店の口コミをみると、皆さん口を揃えて言っている

「肉あんかけチャーハンも美味しいけど、それと同じくらい、

いや、もしかしたらそれ以上かもしれない、

レバニラ炒めが美味い!」

と。

こんなこと言われたら気になっちゃいますよねー。と言うことで、肉あんかけチャーハンの次は是非ともレバニラ炒めを注文してみてくださいませ。

まとめ

青梅街道沿い肉あんかけチャーハンで有名な中華料理店

肉あんかけチャーハンはテイクアウト冷凍食品でも楽しめますが、一度はお店で、あの厨房目の前のカウンターで出来立てを食べていただきたいです。お近くにいらした際には是非立ち寄ってみてください。

おすすめです!

店舗情報
店舗名:『中華 梁山泊』
営業時間:17:30〜23:00
定休日:月曜日
住所:東京都練馬区関町南3丁目4−51
アクセス:西武新宿線『上石神井』南口より徒歩12分

関連記事一覧

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 粘膜色の男

    久々に行きてーぜ