古着買取BAZZSTORE(バズストア)が「楽天ラクマ」の「ラクマ公式ショップ」に出店開始

フリマアプリへ販売チャネルを拡大し、より便利にお客様へ商品をお届け

ファッションアイテムのリユースショップBAZZSTORE(バズストア)を運営する株式会社リンク(本社:東京都練馬区、代表取締役:夷 英信)は、楽天グループ株式会社が運営するフリマアプリ「楽天ラクマ」において、リユース事業者などの事業者が出店できる「ラクマ公式ショップ」に出店開始したことをお知らせいたします。


■出店の背景
BAZZSTORE(バズストア)は原宿や渋谷、下北沢、高円寺等、都内14の実店舗を構え、インターネットショップ10店舗を展開するファッションアイテムのリユースショップです。この度フリマアプリでの販売チャネルを拡大しより利便性を高めるため、多くのお客様がご利用している「楽天ラクマ」の法人向けサービス「ラクマ公式ショップ」へ出店に至りました。BAZZSTORE(バズストア)と「楽天ラクマ」は今後も連携してリユース品の取り引きを盛り上げることで廃棄される不用品を減らし、循環型社会への実現にむけた一翼を担えることを目指します。

■出店の概要
サイト名:ブランド古着買取販売バズストア ラクマ店
関連URL: https://fril.jp/shop/bazzstore
取扱商品:ファッション、アクセサリー、バッグ、財布、時計

■「ラクマ公式ショップ」とは
「ラクマ公式ショップ」は、事業者が「楽天ラクマ」へ公式に出店することができる「楽天ラクマ」のサービスです。「リユース」は古着、中古ブランド品、中古スマートフォン端末・タブレット端末等を取り扱う事業者、「海外輸入」は海外からの買い付け商品を取り扱う国内の事業者が出店し、4月5日(火)より提供を開始しました。「リユース」は、4月5日時点で実店舗の運営などで実績のある130社以上、「海外輸入」は40社以上の企業が出店しています。年内半ばには、「ブランド公式(アウトレット・SALE)」の提供開始も予定しております。なお、事業者による出品商品ページには「公式マーク」が表示され、個人の出品者と事業者を見分けることができます。

■BAZZSTORE(バズストア)とは
都内主要エリア14店舗、インターネットショップ10店舗を展開するファッションアイテムのリユースショップです。「BAZZSTORE」という屋号には、ハチの羽音から”クチコミ”の意味を持つ「buzz」、アルファベットの”全てを含む”の意味を持つ「az」、リユースで”つながり”を提供する場所にしたいという想いをこめた造語です。持ち主の思いの詰まったリユースアイテムが人から人へと渡っていき、つながりを生み出していく…そんな世界観の実現を目指しています。

■会社概要
【株式会社リンク】
代表取締役: 夷 英信
所在地: 〒176-0005 東京都練馬区旭丘1丁目58番11号 キクモトビル1階
設立: 平成23年10月創業(平成24年11月法人設立)
事業内容: 国内外のブランド衣料、バッグ、時計、靴等の買取、及び販売
資本金: 5,000,000円
URL: https://www.bazzstore.com/ , https://ec.bazzstore.com/

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。