ITと士業の知見で企業支援のはやし総合支援事務所、152の資格を持つ資格ソムリエ(R)の側面を活かして資格に関する悩みを解決へ

行政書士・社労士の知見とITツール活用を組み合わせた企業支援を展開するはやし総合支援事務所は、資格にまつわる悩みを抱える方々に対しての支援サービスを開始しました。
コロナ禍で資格取得を目指す人が増加すると同時に「転職に役立つ資格を取りたいけど取得すべき資格がわからない」「資格を取ったものの、どう活かせばいいのだろう」と悩みを抱える人も増えています。はやし総合支援事務所では、行政書士・社労士であり152の資格を持つ自称”資格ソムリエ(R)”でもある代表・林雄次が、キャリアを考慮した取得すべき資格や活かし方、差別化の図り方などのご相談に乗ることで、資格に関する課題解決に寄与します。

はやし総合支援事務所:https://h-office.biz/


■資格にまつわる調査
はやし総合支援事務所で2021年12月、20〜50代の男女131人を対象にインターネットで実施した調査によると、コロナ禍で新たに資格を取得したかという質問に対しては

・取得した 30人(22.9%)
・取得はしていないが勉強を始めた 44人(33.6%)
・していない 57人(43.5%)

となり、半数以上の人がコロナ禍で資格試験に挑戦したことがわかりました。

しかし、コロナ禍で新たに資格を取得した30人に対して、資格を実生活や仕事や就職に役立てられたか尋ねたところ、

・役立った 11人(36.7%)
・役立っていない 19人(63.3%)

という結果となりました。

資格に挑戦する人は多数いるのに対して、取得した資格を実際に仕事や生活に生かせていない人が多いという結果を受けて、はやし総合支援事務所では支援サービスの実施を決定いたしました。

■林 雄次プロフィール

はやし総合支援事務所代表。
「どうせ勉強するなら、形に残ることに取り組んだほうがいい」と学生時代から勉強を続けて、152もの資格を取得。2022年4月現在は僧侶の資格取得に向けて勉強中である。2022年2月には、業務効率を大幅アップさせるデジタルハックを盛り込んだ「社労士事務所のDXマニュアル」を出版。上場企業からベンチャーまで幅広い企業の顧問や、士業向けに「デジタル士業」オンラインサロン主宰、個人向けの資格・開業コンサルなどで幅広く活動している。

林雄次Twitter:https://twitter.com/yujihys

■はやし総合支援事務所
大手IT企業でシステム開発を手がけていた変わり種の社労士・行政書士である代表・林雄次が専門家としての知見とITツール活用のスキルを生かして、クライアント企業の状況に合わせた「オーダーメイドの解決策」を提供。中小企業診断士や情報処理安全確保支援士など、152もの関連した資格や資格取得までに勉強した知識を生かして、企業をサポートしている。

■はやし総合支援事務所(社会保険労務士はやし労務事務所 行政書士はやし法務事務所)
・所在地:東京都練馬区氷川台2-3-8
・代表:林 雄次
・事業内容:社労士・行政書士の知見とITツール活用のスキルを生かした総合的な支援サービス
・創業:2017年・ホームページ:https://h-office.biz/

引用元:BIGLOBEニュース

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。