「秘密結社 鷹の爪」のDLEが、地方創生を見込み、全国の戦国武将をモチーフにした音楽キャラクター『サムライブ・クインダム』を始動!!

「秘密結社 鷹の爪」「貝社員」「耐え子の日常」などを中心に新規 IP 開発から幅広い二次利用を展開する株式会社ディー・エル・イー(本社:東京都 千代田区、代表取締役: 小濱 直人、以下 DLE)は日本のアニメ業界を代表する4社と共同で地方から日本全国を盛り上げるべく、全国の戦国武将を連携させた音楽キャラクター『サムライブ・クインダム』を11月4日(いい推しの日)に始動させました。


『サムライブ・クインダム』は織田信長など日本全国の戦国武将とロック、アイドルソング、ダンスミュージックなど様々な音楽を掛け合わせた音楽キャラクタープロジェクトです。その音楽監修は、数多くの有名アーティストの楽曲をリリースしているレコード会社ビクターエンタテインメントのグループ会社であるビクターミュージックアーツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山田 正、以下VMA)が担当。DLEとVMA以外には「アニメといえばTOKYO MX」と言われる東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長: 後藤 亘、以下 TOKYO MX)、 2023年には創立50周年を迎え、新作「アルスの巨獣」や「ピーチボーイリバーサイド」など話題アニメ作品を制作し続ける株式会社旭プロダクション(本社:東京都練馬区、代表取締役: 山浦 宗春、以下 旭プロ)、そして「鬼滅の刃」「SPY×FAMILY」などの公式キャラクターグッズを展開し、キャラカフェも展開する中外鉱業株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役: 西元 丈夫、以下 中外鉱業)など、それぞれの分野で強みを持つ会社が参加します。

『サムライブ・クインダム』の設定は、世界的に継続しているコロナ、ロシアウクライナ侵攻、30年ぶりの円安と物価上昇など、元気のない世の中が当たり前になりつつある日本の状況を憂いた神様が最も“覇気”に満ちていた戦国乱世から日本全国の戦国武将の魂を現世に解き放つ・・・、そして現世に復活した武将の熱い魂が、歌い手の少女に降臨し、音楽に載せて各武将独自の“覇気”を日本全国津々浦々に届けていくというもの(例:信長『出来ないって誰が決めた?』、家康『準備しておけば必ずチャンスは来る!』など)。

今回はプロジェクトの最初の動きとして、織田信長、徳川家康などまずは著名6武将の魂が宿った少女達のデザインが解禁。彼女たちが所属するグループのメンバーや楽曲は順次発表されていきます。多様な音楽ジャンルは注目ポイントの一つで、ロック、アイドル、ダンスミュージックなど様々な楽曲とMVで展開。将来はアニメ化にとどまらず、地方のPRキャラや各種SNS展開など各キャラクターが「サムライブ・クインダム」というプラットフォームの上で様々な活動をしていきます!

今後も新しい武将が神様の手により、現世に降臨してきます。“あの武将はどんな音楽ジャンルで覇気を届けてくれるのか?”そして、仕事で疲れた時、人間関係で落ち込んだとき・・・熱い熱い武将たちの覇気メッセージを『サムライブ・クインダム』で是非体感してください!!

■サムライブ・クインダム公式
公式サイト:https://samulive-q.com/
公式Twitter:https://twitter.com/samulive_q

■デザイン:
Acky Bright
漫画家・イラストレーター
かわカッコいいキャラクターを主体としたMANGAスタイルのドローイングを得意とし、
ディテールの描き込みと大胆な筆致が特徴。
海外での評価も高く、DCコミック・ハズブロ・ドイツのBMWなどのアートワークを手掛けている。
画集「B/W」(PIEインターナショナル)

Acky Bright

https://www.instagram.com/acky_bright
https://www.acky-bright.com

■第一弾・メインキャラクターの紹介:

<株式会社ディー・エル・イー 会社概要>
IP(著作権や商標権等の知的財産権)を開発・取得し、幅広い事業領域へサービスを提供する総合エンタテインメントカンパニー。2019年5月に朝日放送グループホールディングス株式会社の連結子会社となり、アニメ・キャラクター(秘密結社 鷹の爪、パンパカパンツ、貝社員等)などの日本が誇れるエンタメコンテンツを包括的に保有し、地方創生、海外展開などを積極的に推進する。
動画広告等のマーケティングサービス提供、スマートフォンアプリの企画開発、映画・TV・ネットメディア等の映像コンテンツ制作等、時流に乗った迅速なサービス提供により、2014年に東証マザーズ、2016年に東証一部へ上場。

引用元:BIGLOBEニュース

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。